So-net無料ブログ作成
プロローグ ブログトップ

家の建て方・種類 [プロローグ]

まあ、いろいろな本に書いてありますが、、、家の建て方って大きく分けてこんな感じですかね。
・木造軸組工法(在来工法)
・2×4(ツーバイフォー)
・木質パネル
・鉄骨/コンクリート
日本にはやはり「在来工法」が適している!という人(本?)が多いようです。
その心は①設計自由度(=狭い日本の土地を有効に活用できる)②建て方(屋根を早い段階で付けるので雨の多い日本に向いている)のようです。
お父さんのことを「一家の大黒柱」と言ったりしますが、この「大黒柱」が構造上必要なのは「在来工法」だけなんですよね。。。そういう意味でも日本の風流を感じられる家とも言えます。
ただし、柱で支えて壁をつけるという構造上、どうしても断熱・気密性が保ちにくいようで、それを克服する「外断熱」が随分メジャーになってます。『「いい家」が欲しい。』の影響ですかね。

2×4(ツーバイフォー)、木質パネル工法は、ある意味メーカーにとっては工業製品化しやすく都合が良いものと思えます。同じ規格の材料/パネルをたくさんこしらえておけばよいのですからね。
パネル(=壁)で家を支えるので、家の中にほとんど柱がないのが特徴。気密性も保ちやすいと思います。
ただし、規格化された材料を中心に設計するので、設計の自由度は「在来工法」と比べると低いです。
あと1cm伸ばしたい、あと1㎡増やしたい等の細かい要求には応えられにくいようです。

鉄筋/コンクリートは、やはり頑丈さがウリでしょう。安心感が違いますよね。
一般的には火事でも「燃えない」という印象が強いのではないでしょうか。
(実際は木造でも今の家はほとんど燃えないらしいですが。。。)
モデルルームに入るとすぐに分かります。。。すべての直線・面がまっすぐな感じがします。
『木』はしなるけど、『鉄』はしならないからですかね。
ただ、やはり木と違って鉄は熱伝導率が圧倒的に高いので、断熱性はあまり良くないようです。
あと『鉄』ってのは加重がどんどんかかっていくと、あるタイミングで一瞬で折れる性質があるようで、木のように徐々に粘りながら折れていくのとは違うとのこと。(これは木造系メーカーの営業マンが常套手段として使うトークです。)
ちゃんと設計された家なら『木』でも『鉄』でも全く問題ないでしょう。
軽量鉄骨か重量鉄骨の選択は間違えてはいけないですね。

僕が感じたのは、工法自体でメーカーや業者を選定するよりは、「家に何を求め何を優先させるか」が決まれば必然と工法と業者が決まってくるのではないかと。なんか綺麗ごとでありきたりな言葉ですが、最後にはこの結論に皆さん行きついてるのではないでしょうか。
この結論に行きつくまでの紆余曲折が「家づくり」の楽しさなんですね。きっと。
しかも家が決まった後にしか分からないんですね。これが。

nice!(0)  コメント(0) 

まずは勉強 [プロローグ]

4年前にはじめた「家さがし」。
①まずは何の予備知識もなく「住宅展示場」へと足を運ぶ。主だったメーカーを2日間ぐらいかけて順に見てまわりました。
・旭化成へーベルハウス・積水ハウス・ダイワハウス・セキスイハイム・スウェーデンハウス
②都内で実施していた「無料セミナー」にも行きました。土地・建築業者の探し方や選び方をアドバイスしてもらいました。特に建築基準法の基礎知識や土地の見方等は参考になりました。
③本も読みました。
『「いい家」が欲しい。(松井修三著)』・・・在来工法・外断熱・ソーラーサーキットが良い。ハウスメーカー非難。
『住まいづくり第三の選択(宮沢俊哉著)』・・・結構ためになる話が多い。が、最終目的はアキュラホーム・ジャーブネットの宣伝にも見える。
『呼吸する家(岩倉春長著)』・・・ほとんど「オンリーハウス」(神奈川の工務店)の宣伝。24時間換気を必要としない自然通気の家づくり。発想はソーラーサーキットに近い?
その他、注文住宅系の雑誌などもよく見ました。

単純に「ハウスメーカー」で家を建てるのが一般的と思っていたのですが、実は家ってのは「工務店」のほうがむしろ主流?ということを初めて知りました。そして、この狭い日本なのにこれだけのメーカーがあり工務店があるのか、と驚きました。ちょっと競争激しくないですか?この業界。。。だから倒産する会社も多いのね。

どこで家を建てるかは整理しておかなければならないですね。
・ハウスメーカー
 ○:大手の安心感。工業化によるコストメリットと均一品質。外注設備(メーカー製)の大量仕入れメリット。
 ×:設計自由度の低さ。管理費/販促費等の固定費が高く、最終販売価格が結局高い。
・工務店
 ○:地元の評判命のため対応が良い。安くすむ。自由度が高い。金額に見合う完成度(高くても安くても)。
 ×:工務店による品質/対応の差が大きい。良い工務店と出会えるか?
・設計士
 ○:こだわり設計。人とは違うオリジナリティ。コスト調整も可能で自由度高い。
 ×:設計士との相性しだい。施工監理費が別途かかる。
・建売り
 ○:土地と建物がセットなので業者の利益もセットになっておりお得。多棟で建てることが多く、同時に複数戸の建築をするため、資材・工事ともにコストメリットあり。
 ×:基本的には安く建てられている。どんな工事をしたか分からない。

こればっかりは、それぞれの人の価値観によるので一概に「こうやって建てるのが良い」というのはないですね。
千差万別です。

そろそろ家が欲しい [プロローグ]

サブプライムローンに端を発した不景気。その影響は当然ながら住宅・不動産業界を直撃。
地価は下がり住宅販売業者は値下げを余儀なくされ・・・政府は景気対策として過去最大級の住宅ローン減税を実施。
世の中はマイナス傾向だが、住宅購入者にとっては千載一遇のチャンスでは?
閃いてからは動きが早かった。
2009年のGWから「家さがし」が始まりました。

3~4年前にも「家さがし」をしてたこともあったのですが、その時には営業マンに「今が買いです。今を逃したら金利はあがるし減税効果も下がるし!今決めましょう!」と言われたものです。
今思えば自己資金も貯まってないのに買い急がなくてよかったと思ってます。
ホント景気・金利・地価なんてどう動くか分からない。。。この業界の営業マンってのはいつの時期でも買い時感をアピールする種族のようですね(そりゃそうか、ビジネスだもんな。)

思えば結婚してから(約5年前)、じっくりじっくり家のことを勉強してきました。
最初はマンションを買うもんだと当たり前のように考えてたのですが、一戸建てが欲しいと思い始めたのは、新婚で最初に住んだ家が賃貸のテラスハウスだったことからです。
夫婦とも生まれてから集合住宅にしか住んだことがなかったので、「地べたの高さに住む」ことが新鮮だったのかもしれません。家を出てからわざわざエレベーターに乗らなくても、すぐに車に乗り込めるのも魅力でした。
こうして「一戸建て購入」が夢となり、情報収集をはじめるのでした。
プロローグ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。