So-net無料ブログ作成

外溝・エクステリア引き渡し [外溝・エクステリア]

5月1日に無事に引越しが終わりました。
母の手伝いもあり荷造り・荷解きもスムーズにいきましたが、数日たってもなかなか片付かないですね~。

さて、今日は外溝・エクステリアの引き渡しでした。
今回はスウェーデンハウスではなく他の業者に発注しました。
ザ・シーズン(セキスイエクステリア)
http://www.the-season.net/

<完成の外観>                                  ↓階段の石貼り↓
DSC01394.JPG DSC01350.JPG

↓ポストの「bobi」 スウェーデンハウスのオーナーは使ってる人がかなり多いです。
フィンランドのメーカーで、セキスイエクステリアだけが輸入販売してます。
DSC01351.JPG DSC01352.JPG
スチール製なのでどのぐらいの耐久性があるのかが少々不安ですが、なにせ北欧デザインはやっぱり似合いますね。

↓ウッドフェンス
DSC01360.JPG
↓ウッド手すり
DSC01396.JPG
ハードウッド製なのでメンテナンスフリーで20年以上は持つとのこと。
3cm幅の木を1cm間隔で取り付け、この幅での制作は担当のデザイナーさんも初めての試みだとか。
今は木の色をしてますが時間とともに色が抜けてグレーになります。
なので最初のうちは雨が降ると色が出てしまいます↓
DSC01362.JPG
ちゃんと洗わなきゃですね。

庭の全景↓                           DSC01367.JPG
レンガ部分に水まわりを設置↓
DSC01354.JPG

リビングの窓からの風景♪
DSC01378.JPG

当初は階段上ったところのクランク型のアプローチが設計段階から狭く、不安的中でした(左)
デザイナーさんに相談したところ、ある程度作業が終わっているにも関わらず改善してくれました(右)↓
DSC01324.JPGDSC01399.JPG

お気に入りのシャクナゲの花↓ ポストにもマッチして可愛い!!
DSC01372.JPG

ジューンベリーに早くも蝶の幼虫が2匹ついてました。
ちょっと嬉しくなりましたが、まだ未熟な木の葉っぱを食べられてしまうと困るので捕って空き地の草に移してきました。ごめんね~。
DSC01398.JPG

ザ・シーズンは、元々ポストの「bobi」を見つけたお店でした。
庭は住み始めてから少しずつやろうと思ってたのですが、なかなか最終形のイメージが湧かなかったので予約をして提案をしてもらいました。

出てきたデザインを見て・・・初めから作りたい!!と思ってしまい、早速スウェーデンハウスに手配していた外溝をキャンセルして契約しました。スウェーデンハウスの業者さんには申し訳ないなと思いつつ。。。

ザ・シーズンはホームページを見ても素敵なのばかりで値段も高いと思ってたのですが、見積比較などをしてもそんなに高いわけではなかったです。専属のデザイナーさんがつくのでその分少し高いのかなという感じ。
結局いろいろと相談したり選択したりで元々の予算ぎりぎりでおさまりました。

担当のデザイナーさんは、とてもおっとりしていて全然営業をしてくる人ではなかったのが逆に交換持てました。植栽などの知識も豊富で、初心者の私たちに親切に色々と教えてくれました。

植栽についてはまた後日。。。

しかし、、、、、この庭は、、、、、、『猫の楽園』だ!!対策を考えねば~。


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:住宅

nice! 3

コメント 6

kurizo

素敵な外構ですね~~~♪
すべてがマッチしていると思います。
これからガーデニングが楽しみですね(^^)
by kurizo (2010-05-04 22:26) 

ひろた犬

kurizoさん。ありがとうございます。
どれだけガーデニングにハマるかは未知数です。。。。
by ひろた犬 (2010-05-09 01:08) 

樋口一希

 突然のコメント送信を最初にお詫び申し上げます。私は週刊ダイヤモンドのダイヤモンド社において「ダイヤモンドエイジ」というサイトの編集を担当しております樋口一希と申します。

 サイトを検索していて貴ブログを発見しました。下記をご一読の上、もしもご興味があれば、お申し込みなど、ご検討いただければ幸いです。

1.編集者として聖路加国際病院理事長の日野原重明先生と長年にわたり、お付き合いさせていただいております。ご案内のように日野原先生はスウェーデンハウス様と関係の深い財団法人スウェーデン交流センターの設立にも関われたと聞いております。

2.その日野原先生と浦安市にある舞浜倶楽部で総支配人として活動しているスウェーデン人のグスタフ・ストランデル氏との「サイエンス 医学とアート」と題する対談を企画し、ダイヤモンドエイジ上に掲載することができました。
http://www.diamondage.jp/lifeplan/service/2010_01_01/index.html

3.そのようなお付き合いの中で、このたび来る6月4日(金)に『スウェーデン大使館での認知症ケアセミナー』と題したセミナーをスウェーデン大使館で開催する運びとなり、また本企画にご賛同いただいた日野原先生から、お問い合わせされた方の中から日野原先生ご考案の「ピローオハラ(抱き枕)」を5名様にプレゼントするべくご承認を受けました。
http://www.diamondage.jp/present/index.html

 スウェーデンハウスにお住まいであり、またブログも開設されていましたので、勝手ながら「スウェーデン」つながりにてコメント送信させていただきました。重ねて突然のコメント送信をおわびすると共に、もしもご興味があれば、お申し込みなどしていただけると有り難い次第です。
 最後にご不快であれば、本情報は削除してくださってかまいません。お目汚しあればお詫び申し上げます。
by 樋口一希 (2010-05-10 07:41) 

chal

塗料のシミは落ちにくいのでは・・・。アルカリ洗浄するのが良いと思うのですが!
by chal (2010-05-13 18:16) 

ひろた犬

chalさん>>>アドバイスありがとうございます!!でもなんかこれは木そのものの色が出ているとのことで、キッチン泡ハイターで落ちてしまいました。。。
by ひろた犬 (2010-05-15 21:59) 

うっしー

お引っ越しおめでとうございます。
とってもセンスの良いお宅ですねぇ。
お呼ばれされる日を楽しみにしております(^0^)
by うっしー (2010-05-31 06:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。